質の高い看護を患者に提供するためには高いコミュニケーション力が不可欠だとおっしゃる看護師がいることでしょう。看護師同士が連携を取ることによって一つのまとまりある看護業務に結びついていくため、コミュニケーション力を高めるための講座に通っている看護師がいても不思議ではありません。看護師によっては、患者と関わる以上は高いコミュニケーション力が命だと思っていることでしょうし、患者と上手くコミュニケーションが取れれば患者の不安を解消していくことにつながると思うのです。特に大病院のように医療人と患者共に人数が多い施設では、数多くの人達と円滑なコミュニケーションを交わしていく術を身につけることが必須になってくると思い、たくさんの人数に負けないくらいの姿勢を持つことが重要になってくると考えられます。
 患者のことを知りたいという気持ちから、次第にコミュニケーションが上手くなる看護師がいるのではないでしょうか。患者について知ろうとすることから質の高い看護につながっていくことを信じているのが窺えて、患者を気遣おうとする配慮があることで、患者が心を開いていくと考えられるのです。コミュニケーションの取り方次第で患者の心に大きな変化が生じてくることを期待している看護師は結構いると思い、患者の心を汲み取ろうとする姿勢が強いのが窺えます。どのようにして患者に寄り添えばいいのかということを考えながらコミュニケーションの向上に努めている看護師の姿が頭に浮かんできそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です