内科勤務で看護師としての実力を上げていこうと考えている方がおられることでしょう。ベテラン看護師として内科で新人の指導に当たっている看護師は、今の立場を誇りに感じているのが窺えて、内科勤務をすることがあらかじめ決められていたのではないかと思っているかもしれません。患者への質の高い看護を実践することは勿論、内科の発展に尽力していこうという信念を携えていくと考えられて、一層看護業務に身を入れていくのではないでしょうか。手術をせずに健康を取り戻せるならばいいに越したことはないということで、内科にかかる患者が結構いらっしゃると考えられます。いつの日か健康になるはずだと信じながら通院している患者がいるでしょうし、内科に望みを託している患者が少なくないと思うのです。絶対に患者を病気から救い出してみせるというくらいの気持ちを持って看護業務をしている看護師が多いと考えられて、患者に幸せを届けたいという想いの強さが窺えます。内科勤務を続けることで、これからも自分の手で救った患者の数が増えていくことを期待している看護師がいると思い、仕事のやりがいをより強く持つようになると考えられるのです。まるで内科から看護の力を引き出して貰っている看護師がいると思い、内科が自己開発の場だと実感していくのではないでしょうか。内科とのつながりが看護師としての名誉を構築していると言えるかもしれません。その名誉がある限り、一看護師としてのやるべきことに邁進していくと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です