看護師として病院勤めをすることで、看護業務にやりがいを持つようになった方が少なくないでしょう。やりがいが看護師として働く上での生命線だと言っても過言ではなくて、仕事への情熱を抱くことはやりがいを持つことにつながるのではないかと考えられます。看護業務にやりがいを持てたときに更なる飛躍を期待することは往々にしてあると思い、理想とする看護師像に近づこうとする気持ちが強い程、やりがいを持つことに発展していくかもしれません。仕事で頑張れるのは高い目標意識があるからであり、更なる自分を発見していこうという意欲が生み出されていくと考えられるのです。まだ見ぬ自分とは一体なんだろうかと思うことから、自己開発の旅が始まっていくのではないでしょうか。自分自身をとことん追求するくらいの姿勢を持つことで、おのずとやりがいを持つことの意義の高さを実感していくと思い、やりがいが自分を劇的に変えていくことを期待するようになると感じてきます。
 看護の仕事にやりがいを持てば、おのずと質の高い看護を患者に捧げることができるようになるとおっしゃる看護師がいることでしょう。患者が満足いくような看護をすることが看護師としての大切な仕事であり、看護を通して看護師として成長していることを実感する看護師は少なくないと思うのです。やりがいを持つことで進むべき方向性が明確になっていき、悔いのない人生を送ろうとする意欲が出てくるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です